注文住宅に設置する自家発電装置なら何を選ぶのがいい?

自家発電装置の種類について

自家発電は災害時などに大きな役割を果たしてくれます。その種類は色々とあり、最も代表的なシステムとしては太陽光発電システムです。設置費用は規模によって大きく異なりますが200万円程度であるのが一般的です。その他には、家庭用燃料電池があります。最近ではエネファームと呼ばれているシステムです。設置費用は150万円前後です。その他には、ガソリンなどを燃焼としてエンジンを回して発電するエンジン式発電機があり、この価格は10万円前後となっています。また、手や足でハンドルやペダルを回して発電する手動式発電機があり導入コストは1万円前後からありますが、発電量が少ないのがデメリットとなっています。このタイプであると携帯電話の充電やラジオを聴くことくらいしかできません。

新築でオススメの自家発電装置

せっかく家を新築で建てるのであれば、オススメの自家発電装置は太陽光発電システムとなります。この手法は、建物の屋根に太陽光発電電池モジュールを設置して太陽光から電気を作るシステムです。自宅で使用して余った電力は電力会社に売電することも可能でお財布にも優しいシステムです。ただし、太陽光を利用するため夜間は発電できませんので、家庭用蓄電池も併用することで、昼夜電力を供給するシステムもオススメです。このシステムでは昼間に発電した電力を蓄電池に充電できるため、昼も夜間も安定して電力が得られるのがメリットとなります。なお、このシステムを導入すると300万円を超える導入費がかかることもありますので注意が必要です。